債権者から責められる心配がない

女性

借金のことで大阪の弁護士に相談したいけど、債権者から怒られそうで怖いという人は少なくありません。弁護士に依頼したら取立てがもっと厳しくなるのではと思うかもしれませんが、取立ては数日以内に止めることができます。これは過払い請求にも言えることで、手続きを開始した金融機関からは一切の取立てが来なくなります。過払い金を回収する手続きに対して、あれこれと責められる心配はまったくありません。自宅に電話催促がきたり、回収係のスタッフが訪問したりすることはないのです。大阪の弁護士に過払い請求の依頼をしたら、あとは債権者と弁護士で和解交渉をしていく流れになりますので、依頼者は何もする必要がありません。

じっくりと相談できる専門家に依頼を

計算

大阪には過払い回収ができる法律事務所が数多くありますが、事務所によって性格やコンセプトが違います。中には利益至上主義の弁護士もいて、相談時間をあまり取らずに手続きを開始してしまうケースがあります。こうした弁護士に依頼をしてしまうと、理想的な結果に結びつかない可能性が大きいです。借金の金額や収入、収支のバランスなどは個人差があるので、借金の解決方法は個別に考えていく必要があります。信頼できる専門家の特徴は、相談に時間をかけてくれることです。30分まで無料相談に対応できる、時間を問わずに何回でも相談無料、などの条件を掲げている法律事務所は信頼できます。あとは依頼者の目線になって、わかりやすい言葉で説明してくれることも重要です。

どのくらい回収できるかが決め手

計算

弁護士に過払い請求の依頼をする理由は、払いすぎた利息を回収すること以外にはありません。大阪の法律事務所で過払い請求をするなら、回収額を基準にして事務所選びをするのが得策です。弁護士の手法や経験などで回収できる金額は変わり、例えば満額の100万円を取り戻せる弁護士もいれば、5分の1の20万円しか取り戻せない弁護士もいます。弁護士に支払いするべき報酬は、過払い回収額の25%くらいが相場になり、事務所によって大きな差はありません。つまり回収できる金額の大小によって、費用対効果はまったく変わってくるのです。過払い金はグレーゾーンで支払いしていた利息であり、これは支払いする義務がまったくありません。満額の回収を受けるのが当然ですから、満額回収を前提に債権者と交渉してくれる専門家にまかせる必要があります。中古車店で100万円のクルマを購入したとき、間違って200万円支払ったならば、あとから100万円を返してもらう権利があります。ここで遠慮して50万円だけ返してくれれば大丈夫という人はいないでしょう。過払い請求においても債権者に遠慮する必要はまったくありません。

広告募集中